炭水化物の効果や食品、不足の症状

  カテゴリ

  ・ビタミンAの効果   ・B   ・C   ・ビタミンD   ・ビタミンEの効果   ・パントテン酸の効能   ・食物繊維   ・ビタミンの効能   ・ヒアルロン酸

  ・たんぱく質の効果   ・ナイアシンの副作用   ・鉄分の効果や副作用   ・DHA・EPAの効果   ・コレステロール   ・カルシウム

  ・必須アミノ酸   ・点滴治療   ・亜鉛の多い食品


 スポンサード リンク
 炭水化物の効果、不足症状とは

炭水化物は脳の栄養素となるため、血糖値をあげて脳の働きを高めます。

極端に不足すると低血糖となり、思考がまとまらなくなったり息苦しくなる、眠くなるなどの
症状を訴えることもあります。
また糖分が足りなくなるので、体は筋肉や脂肪をエネルギーに変える作業を行います。

炭水化物は肝臓で分解されますが、アルコールも肝臓で分解され、アルコール飲料を摂取した
ときは、肝臓はアルコールの分解を優先するため、低血糖になる場合があります。

疲労が起こる原因として多いのはエネルギー代謝の異常、不足となっていて、
その場合、効率よく良質なエネルギーに変わりやすい炭水化物を摂取することによって
すばやく疲労を回復することができます。


 炭水化物の副作用

過剰摂取により血糖値が上がりすぎたり、肥満の原因になることがあります。
血糖値が上がりすぎると糖尿病になり様様な症状をきたします。

しかしその分運動したり頭を使えば消費されるため必要な分は摂取するべきとも
言われます。


 スポンサード リンク

 炭水化物ダイエットとは

炭水化物が含まれる食品の摂取を減らして体に脂肪がつきにくくするダイエット方法です。

あくまで量を少なくするだけで完全に食べなくなってしまうと脳の栄養素である糖分がなくなり、働きが低下してしまうため
注意してください。

また、炭水化物を食べない分他の脂肪分の高い食品を多く食べてしまう可能性もあるため実践する場合は
他の食品についてもよく考えたいですね。
たんぱく質は脂肪になりにくいためダイエットを考えるなら多めに摂取してもいいと思います。


 食品

ご飯、パン、麺類が代表的です。他にも餅、いもなどに含まれています。


 必要量の目安

通常は200~300g程度が適切と言われますが、低炭水化物ダイエットではこの10分の1程度
に抑えると言われています。


 スポンサード リンク