たんぱく質の効果や副作用、必要量と多い食品

  カテゴリ

  ・ビタミンA、効果     ・B     ・C     ・ビタミンD     ・ビタミンEの効果     ・パントテン酸の効能     ・食物繊維

  ・たんぱく質の効果     ・ナイアシンの副作用     ・鉄分の効果や副作用     ・DHA・EPAの効果     ・コレステロール

  ・カルシウム     ・ビタミンの効能     ・ヒアルロン酸     ・亜鉛


 スポンサード リンク
 たんぱく質の効果とは

人体の20%はたんぱく質で出来ていると言われ、肌の新陳代謝をスムーズにするため、
美肌効果があると言われています。

また一番有名な効果は血や筋肉を作る栄養素だということです。
筋肉トレーニングなどをすると力がつきますが、たんぱく質を補給しないと筋肉は強くなりません。


 たんぱく質の副作用

基本的に過剰摂取しても悪影響はありませんが、過剰に摂取してもトレーニングや運動量が
足りなければ筋肉にはなりません。それどころか度をこえた摂取は肥満になってしまいます。

とはいえたんぱく質は脂肪になりにくいため普通に摂取していればまず問題はありません。


 多く含む食品とは

チーズ、牛乳といった乳製品に多く含まれています。豚肉、牛肉のような肉類にも多いですが、
こちらは脂肪分も多いので気になる人は魚類からも摂取できます。

あとは大豆から多くの植物性たんぱく質を摂取することができます。


 必要量の目安

だいたい自分の体重(kg)と同じグラム数を摂取するのが目安とされています。
スポーツ選手は体重の2倍、ボディビルダーは3倍も摂取するそうですが、その分運動をするため
太ったり悪影響があったりということはありません。


 スポンサード リンク