食物繊維の効果や副作用、摂取量

  カテゴリ

  ・ビタミンAの効果と副作用   ・B   ・C   ・D   ・E   ・パントテン酸   ・食物繊維   ・たんぱく質の効果   ・ナイアシンの副作用   ・たんぱく質

  ・鉄分   ・DHA・EPAの効果   ・コレステロール   ・カルシウム   ・ナイアシン   ・ヒアルロン酸の効果とは   ・ビタミンの効能   ・炭水化物

  ・亜鉛   ・必須アミノ酸の種類   ・癌とビタミンC


 スポンサード リンク
 食物繊維の効果とは

便秘改善効果が有名です。また消化活動の低下を促し満腹感を与えることで肥満予防に
なると言われています。

また、免疫力の維持・向上も期待できます。
病気予防効果として糖尿病、心筋梗塞、高血圧、痔、便秘、大腸などを予防する
効能もあります。


 食物繊維の副作用

過剰摂取により便秘とは逆に下痢を引き起こしてしまう可能性があるのと、カルシウムや鉄分の吸収を
妨げてしまう事もあります。


 多く含む食材とは

野菜類には多く含まれています。他にはいも類、豆類にも多く含まれています。
多くはありませんが、お米にも含まれています。ですが、野菜を食べない人は不足がちに
なりやすいでしょう。


 摂取量の目安

一日当たり16gほどが必要摂取量とされていますが、18歳未満では12~14gほど、18歳以上では18gほどは
摂取したほうがいいようです。

野菜をあまり摂取しないと自覚する人は目安にするとよいでしょう。

また、便がかたい、でにくいという人も不足していると思われますので、植物性食品を多めに摂取するよう
心がけたほうがよいでしょう。


 スポンサード リンク