パントテン酸の効能と副作用や欠乏症

  カテゴリ

  ・A   ・B   ・ビタミンC   ・D   ・E   ・食物繊維   ・たんぱく質を含む食品   ・ナイアシン   ・鉄分の多い食品   ・TOP

  ・DHA・EPA   ・コレステロール   ・カルシウム   ・ヒアルロン酸、摂取量   ・炭水化物   ・亜鉛の効果   ・必須アミノ酸   ・癌治療


 スポンサード リンク
 パントテン酸の効果とは

ビタミンB群に含まれる物質で、水溶性ビタミンになっています。
パントテン酸は、「至るところに存在する酸」という意味で命名されたと言われています。

抗ストレスホルモンの合成を助け、ストレスに強くなると言われています。

また善玉コレステロールを増やす効果により血管系の病気を予防し、免疫力を高めてくれます。
風邪をひきやすい人や風邪、インフルエンザが流行りだす冬場に摂取するのもいいでしょう。

他にはエネルギーの消費を促し基礎代謝がよくなるため肥満予防にも一躍かいます。
皮脂を押さえてくれる働きもあるため脂性の人にもいいでしょう。


 副作用

吐き気、嘔吐、下痢などがみられることもあります。重度の副作用は現在確認されていません。
またパントテン酸の効果をしっかり発揮させるにはビタミンBの摂取が欠かせないものとなっています。


 多く含む食材とは

レバー系、とくに鶏レバーに多く含まれています。それ以外では納豆にも多く含まれています。
他にはうなぎ、牛、豚、鳥肉にも豊富です。


 摂取量の目安

男性で6、女性で5mgほどが一日の目安量となっています。これより多く摂取しても健康被害が
あらわれることはほとんどありませんが、逆に不足していると免疫力の低下により病気になり
やすくなったり、ストレスに弱い体になってしまうことがあります。
ただ、パントテン酸はいろんな食品に含まれているため、普通に食事をしていれば欠乏症に
なることはあまりありません。

ただ、抗生物質を長期間利用することで欠乏症になる場合があります。


 スポンサード リンク