必須アミノ酸とは、その種類と効果

  カテゴリ

    ・ビタミンA     ・B     ・C     ・D     ・E     ・パントテン酸     ・食物繊維

    ・DHA・EPA     ・コレステロール     ・カルシウム     ・ヒアルロン酸     ・癌治療

    ・たんぱく質     ・ナイアシン     ・鉄分     ・炭水化物     ・亜鉛     ・TOP


 スポンサード リンク
 必須アミノ酸とは

アミノ酸は全部で20種類ありますが、そのうち体内で合成することができず、食品からしか摂取でき
ない9種類のもをいいます。

残り11種類は「非必須アミノ酸」と言い、ほかのアミノ酸や脂肪、糖などを使って体内で合成されます。

下記にそれらの名前と効果を記載します。


 イソロイシン

筋肉が強くなるために必要で、神経や肝機能の維持、向上が期待できます。


 リジン

筋肉やその他細胞の修復に関わっています。


 メチオニン

ヒスタミンの血中濃度を下げる働きがあります。
また、肝臓から毒性のある老廃物を取り去ってくれ、肝臓や腎臓の働きを助けてくれます。


 フェニルアラニン

鎮痛作用が期待できます。


 スレオニン

脂肪肝を予防する効能があります。


 トリプトファン

精神を安定させるセロトニンの原料となります。抗うつ作用もあり


 バリン

身体の成長を促進してくれます。


 ヒスチジン

大人は体内で合成できますが、子供は出来ないため、子供の成長を助ける働きになります。


 スポンサード リンク