ビタミンC大量点滴による癌治療

  カテゴリ

  ・ビタミンAの効果と副作用   ・B   ・C   ・ビタミンD   ・Eの多い食品   ・パントテン酸の効能   ・食物繊維   ・ビタミンの効能

  ・たんぱく質の効果   ・ナイアシン   ・鉄分   ・DHA・EPAの効果   ・コレステロール   ・カルシウム   ・ヒアルロン酸   ・炭水化物   ・亜鉛

  ・必須アミノ酸とは


 スポンサード リンク
 ビタミンC大量点滴療法の概要

その名の通りビタミンCを大量に点滴するというガンの治療法で、アメリカの医師ライナス・ポーリング
というノーベル賞を2度受賞した人が考案しました。


 利点

ビタミンCは本来、薬ではないため抗がん剤のように副作用がなく、手軽にためすことができます。
また、抗がん剤との併用も可能で、つらい症状や化学療法の副作用も改善します。


 効果

ビタミンCの大量点滴によって癌細胞のみを選択的に死滅させられるという内容です。
しかし癌についてはまだまだ未知の部分も多く革新的な効果が得られるかというと
そうではないのが現実です。

ですが、2005年にはアメリカ国立衛生研究所などの機関が効果を認めるなど
これからが注目される療法であることもまた確かです。

特にアメリカでは臨床に取り入れている医師が数多くいるため脚光を浴びています。


 スポンサード リンク