ビタミンEの効果と副作用、多い食品は

  カテゴリ

  ・ビタミンB   ・A   ・C   ・D   ・E   ・パントテン酸の効能   ・食物繊維、摂取量   ・たんぱく質   ・ナイアシン   ・TOP

  ・鉄分   ・DHA・EPAの効果   ・コレステロール   ・カルシウム   ・ヒアルロン酸、食品   ・炭水化物   ・亜鉛   ・必須アミノ酸

  ・癌治療


 スポンサード リンク
 ビタミンEとは

1922年に「Evans」と「Bishop」によってラットの高不妊作用物質として発見され、Evansによって
トコフェロールと命名されました。


 ビタミンEの効果とは

脂溶性ビタミンの一種で、抗酸化作用を持っているため老化防止、
若返りの効能があると言われています。肌のしわやしみの予防緩和にも効果的です。

他にも善玉コレステロールを増やす力により動脈硬化などの血管系の病気を予防、
治療する効果が期待できます。

またビタミンEが不足すると筋力低下や感覚異常が起きる場合もあります。


 ビタミンEの副作用とは

下痢や頭痛になることがありますが、相当な量でないと副作用は起きませんのでサプリメントなどで
補給していても問題ないでしょう。


 多く含む食材とは

野菜類、特にカボチャやブロッコリー、ほうれん草に多く含まれています。

野菜以外ではナッツ、植物油、豆類にも豊富です。特にアーモンドは100g中9gほどという
高い含有量です。

食品で100g中に含まれている量は、めんたいこ6.5g、モロヘイヤ6.5g


 摂取量の目安

男性で8~10mg、女性で8mgぐらいが目安です。これ以下の摂取量にはならないようにしたいですが、
多めに摂る分には副作用のほとんどない栄養素ですので安全です。


 スポンサード リンク