カルシウムの効果や過剰摂取の副作用

  カテゴリ

  ・ビタミンB   ・Cの効果   ・Dの副作用   ・E、食品   ・パントテン酸   ・食物繊維   ・たんぱく質   ・ナイアシン   ・鉄分   ・TOP

  ・DHAとEPA   ・コレステロール   ・カルシウム   ・ヒアルロン酸   ・炭水化物   ・亜鉛の副作用   ・必須アミノ酸   ・


 スポンサード リンク
 カルシウムの効果とは

骨の主成分となるため骨折しにくい体をつくったり、骨粗しょう症といった骨に関連する病気を予防してくれます。

また歯の構成要素としても使われます。

またストレスの耐性をつけてくれるため、不足するとイライラしやすくなるといった症状が増える事もあります。


 カルシウムが過剰摂取による副作用

高カルシウム血症、便秘、肝臓結石などの発症確率が増えると言われています。
ただし過剰摂取を続けた場合ですので、適量なら問題ありません。


 多く含む食品とは

牛乳やチーズなどの乳製品、魚介類に豊富です。
魚では特に骨ごと食べられるものはかなり効率的にカルシウムが摂取できます。

ただし、牛乳は日本人には合わない人が多くお腹を壊しやすくなる人が多いのと、
牛乳の摂取量が多い国は骨粗しょう症の発生率も多いという統計もあるため、苦手な人は
無理に摂取しないほうがいいでしょう。


 摂取量の目安

一日の目安は700mg以上とされてますが、子供では1000mg以上が好ましいとされています。
これはカルシウムが身体の発達にかかせない栄養素だからです。
また上限は2300mgほどでこれより多いと過剰摂取の場合があります。


 スポンサード リンク