ビタミンCの効果と副作用、多い食品は

  カテゴリ

  ・ビタミンAの効果と副作用     ・B     ・C     ・ビタミンD     ・Eの多い食品     ・パントテン酸の効能

  ・たんぱく質の効果     ・ナイアシン     ・鉄分     ・DHA・EPAの効果     ・コレステロール     ・カルシウム

  ・必須アミノ酸とは     ・癌関連     ・炭水化物     ・亜鉛     ・食物繊維     ・ヒアルロン酸     ・ビタミンの効能


 スポンサード リンク
 ビタミンCの効果とは

水溶性ビタミンの1種で、有名な効能としては美肌と風邪予防です。

美肌についてはビタミンCの持つ抗酸化作用によりシミやソバカスの原因を除去し、
肌の老化を防いでくれます。
またコラーゲンの合成を促進してはりのあるお肌にしてくれます。

また免疫力を高め、風邪とがん予防効果があると言われています。


 副作用

過剰摂取により吐き気・下痢・腹痛を起こす事がありますが、
いずれも摂取を止めることですぐに軽快していきますし重症化することはありません。


 多く含む食材とは

ピーマン、ブロッコリー、パセリなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

またレモンやキウイフルーツなどの果物にも多く含まれていることが有名ですね


 摂取量の目安

男女ともに1日当たり100mgほどが推奨量となっています。
それ以上摂取しても構いませんが、80mg未満だと不足だと考えられます。

また、一度に大量摂取した場合には吸収率が下がるという実験結果が出ているため、
一食で多く摂取しようとするより、三食でまんべんなく摂取するほうが効率がいいことになります。


 スポンサード リンク