亜鉛の効果や不足による欠乏症、食品と摂取量

  カテゴリ

  ・ビタミンAの効果と副作用   ・B   ・C   ・ビタミンD   ・Eの多い食品   ・パントテン酸の効能   ・食物繊維   ・ビタミンの効能

  ・たんぱく質の効果   ・ナイアシンの副作用   ・鉄分   ・DHA・EPAの効果   ・コレステロール   ・カルシウム   ・ヒアルロン酸

  ・炭水化物   ・必須アミノ酸   ・癌治療


 スポンサード リンク
 亜鉛の効果とは

亜鉛は酵素の組成に欠かせない重要なミネラルで、主な効果は細胞分裂や新陳代謝、
タンパク質の合成、抗酸化、アルコール分解、免疫活性化、育毛などがあります。
これらのことから美肌にも一役買うとして女性にも重要な栄養素です。

また不足すると味覚障害、発育不全、機能性障害を引き起こすと言われます。
またコラーゲンを生成するのに必要なため肌荒れを起こす事もあります。

男性では欠乏症になると精子減少により不妊につながることもあります。


 亜鉛の副作用とは

大きな副作用はないと言われていますが、過剰摂取により鉄分の吸収を妨げ鉄分不足による
貧血症状を起こす場合があります。


 多く含む食品とは

牡蠣、卵の卵黄、レバーなどに多く含まれています。またビタミンAと一緒に摂取すると効果的と言われます。


 摂取量の目安

1日当たり50-150mgが理想と言われています。

10mg以下の摂取量だと欠乏症の危険があるので注意してください。


 スポンサード リンク