ビタミンAの効果と副作用、多い食品は

  カテゴリ

    ・ビタミンB     ・C     ・D     ・E     ・パントテン酸     ・TOP     ・食物繊維     ・たんぱく質の効果

    ・DHA・EPA、多い食品     ・コレステロール、食品     ・カルシウム     ・ヒアルロン酸     ・炭水化物     ・亜鉛

    ・ナイアシン     ・鉄分     ・癌治療     ・必須アミノ酸の種類


 スポンサード リンク
 ビタミンAの効果とは

脂溶性ビタミンの1つで、動物性食品に多く含まれています。

様々な目の病気を予防する効果があると言われています。
夜目が見えにくくなる夜盲症の人はビタミンA摂取により症状が軽快し
良く見えるようになることがありますが、視力自体が上がるわけではありません。


 ビタミンA欠乏症の症状とは

私達がビタミンAの摂取不足により欠乏症になると、早期では毛嚢口に角化した皮膚上皮細胞が集まって
小結節が形成され、症状が進行してくると脱毛、色素沈着、接触性湿疹が現れてきます。

これらの症状は毛嚢口から始まり、体幹部まで出現していきます。

さらにビタミンAの摂取量が低下してくると、夜盲症といって暗いところで目が見えにくくなる症状が出てきて、
味覚、嗅覚、聴覚障害、脳圧亢進などの症状まで現れ、易感染症に陥る場合があります。

上皮細胞の角化は胃粘膜、胆道系、尿管系にもみられ、食欲不振の症状もでてきます。
また、不妊の一因になるとも考えられています。


 ビタミンAの副作用とは

妊婦の過剰摂取は奇形児の生む確率を高めると言われています。

他には脱毛、疲労感の上昇、睡眠障害をもたらす事もあります。
いずれも恒常的に1日あたり3000IU以上の摂取で起きやすいと言われています。


 ビタミンAが多い食品とは

肉類、とくにレバーに多く含まれます。他にはうなぎにもたくさん含まれていますね。

肉類以外では卵の黄身、その他乳製品にも豊富です。
野菜では「にんじん」「モロヘイヤ」「しそ」に多く含まれています。
バランスよくいろんな食品から摂取するといいでしょう。


 摂取量の目安

成人男性で2000IU程度が摂取量の目安とされています。女性と成人未満はもう少し少なくても十分です。
肉類が嫌いで食べないという人は不足している事もあります。


 スポンサード リンク